Food

日本への普及と需要

日本に普及したのは最近です。

グルコサミンに関する研究は、今から50年ほど前の1960年代にヨーロッパで始められました。その研究の中で膝痛などの関節痛を緩和させる効果があることが判明します。その後、ヨーロッパを中心に普及していきました。 1990年代に入るとアメリカでも広く使われるようになり、その後になって日本に入ってきました。必要な栄養素をサプリメントで補うという習慣が一般化したのも、その頃からです。グルコサミンが日本でもお馴染みとなったのは、つい最近の出来事なのです。 関節痛に悩まされる人は数多く、そのためグルコサミンは世界的に利用されるようになったといえるでしょう。現在では、人間ばかりでなく動物の治療にも使われるようになっています。

高齢化社会においては、ますます需要が高まっていくはずです。

人間は、加齢によって軟骨がすり減り、痛みが生じてきます。加齢自体は防ぐことはできませんが、軟骨がすり減るのは防ぐことができます。グルコサミンは軟骨の成分に近く、すり減った軟骨を再生させる効果があります。関節痛は、グルコサミンによって十分に改善が期待できるのです。 現在は高齢化社会と呼ばれる時代です。そのため、加齢がもたらす痛みに悩まされる人が多い時代だともいえます。グルコサミンは痛みを緩和させる救世主です。今後はますます需要が高まっていくに違いありません。 グルコサミンにはタブレットタイプの商品が登場しています。これは水で流しこまずに噛み砕いて摂取できるものです。飲み込む力が低下している人でも簡単に摂取できるので、お勧めです。